直接雇用の社員は入社がとても難しく、派遣社員は採用される可能性が高いのですが、その理由は何でしょうか?

派遣社員を欲しがる企業とその仕組
PAGE LIST
サイト内検索(by Google)
派遣社員を欲しがる企業とその仕組

派遣社員を欲しがる企業とその仕組

いつまで経っても仕事が決まらない、面接までは行くけれども面接からがむずかしいという方も多いのですが、根本的に普通の直接雇用の職場は難しいと考えて良いのです。これは何も応募される方の能力や人となりだけが問題というわけではなく、企業が社員を雇用するという事がとてもリスクを伴ってしまうという点にも問題があるのです。ではなぜ派遣社員は比較的簡単に入社できてしまうのかという点を考えてみましょう。

企業が直接人材を雇用するという事はその企業と社員には労働契約が締結されますので、その社員を保護する法律で守られ、会社が簡単に解雇をしたり、給料の削減をしたりということは出来ないのです。簡単に言うと、無能社員を間違って雇用しても簡単には解雇できないという事で企業にはかなりのリスクになります。派遣社員は派遣会社と労働契約を結んでいますので、能力がその企業の要求しているものとかけ離れていた場合は整理するという事が比較的簡単に済むという利点があります。これが企業がこうした労働力を得たがる理由なのです。

その他にも、面接に係る人事経費を安く上げることが出来るという利点もありますので、この様な雇用形態を企業が取りたがっているのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2016派遣社員を欲しがる企業とその仕組.All rights reserved.