企業で働く場合、様々な雇用形態の社員がいますが、派遣社員は直接雇用に比べ、なぜ給料が高めなのでしょうか?

派遣社員を欲しがる企業とその仕組
PAGE LIST
サイト内検索(by Google)

派遣社員の給与が高めなのはどうしてなのでしょうか?

企業で働く時、その職場内には複数の雇用形態の社員がいて、同じ仕事をしていても給与は様々な場合が多くあります。直接雇用の正社員やアルバイトに比べて派遣社員の給与は高めに設定されているのはどういう理由なのでしょうか?この事を理解していない直接雇用の社員などから、「給料が高いのはおかしい。」などと言われる人もいると思いますが、その雇用形態の仕組を理解していれば正当な報酬と考えて良いはずなのです。

まず、なぜ企業は直接雇用の他に派遣社員を必要としているかという点を考えなくてはいけません。直接雇用の社員などはその企業と長期間に渡って労働契約を結んでいますので、一番に守らないといけない人材になりますが、派遣社員はあくまで短期的に仕事をしてもらうという条件での採用ですので、人員整理が必要になった場合には一番にその対象となるのです。つまり、企業の業績が傾いた時に一番に整理される人件費を容易に出来るようにするためにその様な雇用形態の社員が必要になってくるのです。

高い給料を貰っているだけなのではなく、人員整理というリスクを抱えて仕事をしている為、給与も高めの設定をしているのです。この事が分かっていない社員から陰口を言われたとしても堂々としていれば良いのです。

Copyright (C)2017派遣社員を欲しがる企業とその仕組.All rights reserved.